初心者に分かりやすい
ホームページ作成
ブログ(レビュー カメラ 写真)
無料CGI(Perl/PHP)配布
写真

 

 

 



 

 ホームページエディタの功罪

 

  ホームページを初めて作るには。。?

 「ホームページを作ろうと思うのですが、ホームページビルダーみたいなエディタを使って作るのがいいのでしょうか、それとも、メモ帳とかでHTMLタグを自分で打って作った方がいいのでしょうか?」という質問を受けることが良くあります。

 可能であればメモ帳(もしくはテキストエディタや、HTMLタグエディタ)を使い、HTMLタグを直接自分で入力してホームページを作った方が、HTMLタグの勉強にもなるので良いのですが、これは本当の初心者にとっては非常に大変な作業になってしまいます。

 そこで手軽にホームページを作ることが出来る、ホームページビルダーのような、WYSIWYG型のホームページエディタを使ってみることをまずおすすめします。ホームページ作りの「第一歩」は習うより慣れろですから、遠慮なくホームページエディタを使って下さい。ホームページエディタなら、ワープロ感覚でホームページを作ることができるので、ほとんどの人が比較的楽にホームページを作りあげることができるでしょう。

 この段階で一番大切なことは、見栄えや完成度、HTMLタグの文法はさておき、とにかくどんな形の物でいいから、ホームページを自分の手で作り上げてみることだと思います。

 

  ホームページエディタは万能。。?

 ただ、勘違いして欲しくないのは、以上のことはあくまで「第一歩」の話であって、「第二歩」以降はそうではないということです。もちろん、ホームページエディタを否定するわけではないですし、実際、私もホームページエディタを使ってホームページを作っています。

 しかし、ホームページエディタはあくまでホームページを作る作業の効率を良くするためのツールであり、基本的にはホームページを作る作業を補うモノにしかすぎないのです。

 というのも、ホームページエディタは、例えばユーザーが予期しないタグを入れることが良くありますし、逆に、無駄なタグを削除しないという欠点もあったりします。もちろん、高価なホームページエディタを使えば、それすら自動的に処理してくれるのですが、基本的には自分の目でHTMLタグを見て、理解して、おかしなところを修正できるようになることが望ましいのです。そして、何よりも、HTMLタグを理解していないと、より洗練されたホームページを作るのは難しくなってしまいます。

 例えば、以前私の本の読者のから「画面の幅が凄く大きくなってしまった」という相談を受けたとき、調べてみると全く関係のない箇所で<blockquote>タグが4つも連続して書かれていたことが原因になっていました。ホームページエディタ上ではHTMLタグが表示されず、かつ初心者だったその方は、<blockquote>タグが4つ重なっているというのに気づかなかったのです。HTMLタグをざっと見ればすぐに気がつくような、こんなトラブルも、ホームページエディタ一本槍だとなかなか気がつくのが難しくなってしまいます。

 

 私がよく使う言葉なのですが、「歌を歌うのに、音符の勉強はいらない。しかし、歌手として続けていくのであれば、音符を学ぶ必要がある。」と同じことなのです。趣味の範囲でホームページを続けていくのであれば、HTMLタグのことは何も考えず、ホームページを作っていけばよいと思います。例え、HTMLタグの文法でおかしな箇所があったとしても、それで何か減点されたり、誰かに怒られることなんてありません。ましてや、ホームページが完全に見られなくなるわけでもないですから、修正する義務があるわけでもありません。

 しかし、ある程度みんなに見てもらいたい、見栄えを良くしたい、と思うのであれば、徐々にHTMLタグを勉強して覚えるべきだと思います。ただし、最初からHTMLタグ辞典等を買って、一個一個HTMLタグを覚えようとすると挫折してしまいます。英語を勉強するのに、英語の辞書を買ってきて、アルファベットのaから順に単語を覚えて英語を勉強する人なんていませんよね?それと同じことです。HTMLタグの勉強は、自分がホームページを作っていて気になった時に調べる、等のやり方で全く構いません。少しずつで良いので、慣れていけばいいと思います。

 

  高性能なホームページエディタほど

 注意したいのが、最近の高性能ホームページエディタです。ホームページを構成する要素として、HTMLタグ、CSS(カスケードスタイルシート)、JavaScript、JavaApplet、など、いくつかの種類があることはホームページを作っている方ならある程度はご存じだと思います。最近の高性能ホームページディタはこれらを「見境無く」利用することができてしまうのです。

 例えば、「ブロックを組み立てる感覚で、ミリ単位で文字や画像を配置できます」という某ホームページエディタの場合、スタイルシートを利用して文字や画像を配置することを可能にしています。一見すると便利そうなのですが、問題なのは、マニュアルにHTMLタグとCSSの違いがあまり詳しく書かれておらず、初心者はスタイルシートが何なのかよく分からないまま、普通のテキスト入力と同じ感覚で使ってしまうことがあります。

 そのため、スタイルシート固有の問題を理解しないまま、そして、そもそも自分のホームページにスタイルシートが利用されていることも知らないまま使ってしまい、ブラウザ間の互換性やレイアウトの乱れといった様々なトラブルに巻き込まれていってしまい、自分で解決できなくなってしまうのです。

 もちろん、CSSやJavaScriptを理解している人にとっては、これらの高性能ホームページエディタは非常に強力な道具となるのですが、分からないままに使うと、自分のホームページを壊す凶器にもなってしまい、いちど壊れてしまうと、直し方が自分では全く分からない状態に陥ってしまうのです。

 一番大切なことはマニュアルをよく読み、機能を理解してから使うことなのですが、初心者ほどマニュアルを読まない傾向にあるため、難しい問題ではあります。

 

 

[ 戻る ]

 


人気記事ランキング
   

サイトマップ
コンタクト

文章や画像等の無断利用・転載はご遠慮ください。
当サイトへのリンクは原則フリーです。どのページにリンクされても構いません。
Copyright © CoolandCool. All rights reserved.