初心者に分かりやすい
ホームページ作成
ブログ(レビュー カメラ 写真)
無料CGI(Perl/PHP)配布
写真

 

 

 

コンデジと一眼の違い 〜画質

 

 コンパクトデジタルカメラとデジタル一眼レフカメラのもう一つの大きな違いは画質です。

 

 「コンデジ(コンパクトデジタルカメラ)もデジタル一眼も似たような画素数なのに画質は違うの?」と思っている人は、「画素数が大きいと画質が良い」という誤った知識を前提にしているのではないでしょうか?実際のところ、画素数はあくまでも撮れる画像の絶対的な大きさを表す数値であり、画質の良さを表しているのではないのです。

 コンデジとデジタル一眼とでは、映像を取りこんで画像として保存する「イメージセンサー」の大きさが異なります。コンデジの場合イメージセンサーが小さいので、取り込んだ映像も小さくなってしまい、画素数が大きいと拡大コピーしたように画質が劣化してしまうのです。

 

 

 ただし、これはあくまで大きく表示して見比べた場合の話。ブログなど画像を縮小して使うことが前提の利用であれば、デジタル一眼レフとコンデジの画質の差はあまり目立たなくなります。

 また、イメージセンサーが大きいと言うことはそれだけ大きな面積で光を取り込めることができることを意味します。つまり、デジタル一眼レフカメラなら、室内など薄暗いところでISO(感度)撮影を高くして撮影しても、ノイズが少ない写真が撮れるということなのです。

 

 

人気記事ランキング
   

サイトマップ
コンタクト

文章や画像等の無断利用・転載はご遠慮ください。
当サイトへのリンクは原則フリーです。どのページにリンクされても構いません。
Copyright © CoolandCool. All rights reserved.