初心者に分かりやすい
ホームページ作成
ブログ(レビュー カメラ 写真)
無料CGI(Perl/PHP)配布
写真

 

 

 

ISO(感度)とは

 

 ISO(感度)とは光をどれだけ敏感に捉えるかの設定です。

 たとえば私達が暗い部屋に突然入ったときは真っ暗で何も見えませんが、目が闇に慣れてくるとおぼろげながら部屋の中の様子が徐々に見えてきます。これをカメラ的に説明すると、部屋に入った時は目のISO(感度)が低かったから何も見えなかったのですが、徐々に目のISO(感度)が高まったことにより、周りの様子が見えるようになったのです。

 

 

 ISO(感度)は低ければ低いほど画質が良くなります(ノイズが少なくなります)が、あまり低くし過ぎると逆に画質が劣ることもあります。ISO(感度)が高くなると、画像の細部がつぶれてきたり、ノイズが乗って画質がザラザラしてきます。

 最近のカメラですとISO(感度)は1600〜3200位まで上げても画質が保たれていることが多いですが、カメラや個人の好みによって限界が異なりますので、夕暮れ時や室内など少し明かりが足りないシーンで、ISOを変化させて撮影し、許容できるISOの範囲を調べておくと良いでしょう。

 

 ISO(感度)の設定はオートにしておくことで、絞りやシャッター速度に応じた最適なISOが設定されるので、慣れないうちはオートのままで良いです。手ぶれや被写体ブレが起きやすく、もう少しシャッター速度を速めたい時にはISOの設定を手動にし、ISOを少し高めて使うと良いです。

 

 

人気記事ランキング
   

サイトマップ
コンタクト

文章や画像等の無断利用・転載はご遠慮ください。
当サイトへのリンクは原則フリーです。どのページにリンクされても構いません。
Copyright © CoolandCool. All rights reserved.