初心者に分かりやすい
ホームページ作成
ブログ(レビュー カメラ 写真)
無料CGI(Perl/PHP)配布
写真

 

 

 

絞りとシャッター速度の関係

 

 写真を撮るには適切な量の光が必要です。絞りとシャッター速度はどちらもカメラに入る光の量に影響を与えるので、両者は相関関係にあります。

 

 絞りを閉じると、カメラに入ってくる光の量が減るため、シャッター速度を遅くする必要があります。つまり、目を細めると、瞳に入ってくる光の量が少なくなるため、その分長く目を開けておかないと暗くてよく見えないのと同じです。

 逆に、絞りを開くと、カメラに入ってくる光の量が多くなるため、シャッター速度は速くする必要があります。目を大きく開くと、瞳に入ってくる光の量が多くなるため、早めに目を閉じないとまぶしくてよく見えない同じです。

 

 

 このように、絞りとシャッター速度は写真の明るさ(「露出」と言います)を決めるために相互に関係を及ぼしています。

 こういった難しいことを考えずに済むのが、カメラのPモード(プログラムAEモードやプログラムオートモードなどと呼ばれることもあります)です。Pモードでは、カメラが撮影に必要な光の量を判断し、そのために最適な絞りの量とシャッター速度を決めてくれます。

 

 

人気記事ランキング
   

サイトマップ
コンタクト

文章や画像等の無断利用・転載はご遠慮ください。
当サイトへのリンクは原則フリーです。どのページにリンクされても構いません。
Copyright © CoolandCool. All rights reserved.