初心者に分かりやすい
ホームページ作成
ブログ(レビュー カメラ 写真)
無料CGI(Perl/PHP)配布
写真

 

 

 

コンデジと一眼の違い 〜AF

 

 コンパクトデジタルカメラとデジタル一眼レフカメラの大きな違いは色々あるのですが、そのうちの1つが、AF(自動ピントあわせ)の性能です。

 

 今この瞬間を撮りたい!と思ってコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)のシャッターボタンを押し込んでも、AFが迷って狙い通りの瞬間を撮れなかった、なんて経験ないでしょうか?デジタル一眼レフカメラの場合、AF専用のセンサーが装備されているのでピント合わせがほぼ一瞬で終わるのですが、コンデジの場合はそうではないので時間がかかってしまうのです。

 また、コンデジのAFセンサーは薄暗いところに弱いので、薄暗いところでは撮影できなくなったりしますが、デジタル一眼レフカメラのAFセンサーは暗い場所にも強いので、コンデジではピント合わせができない場所でも撮影できるようになります。

 

 

 さらに、コンデジの場合はシャッターボタンを押してから撮影されるまでの間にわずかなタイムラグ(もたつき)が発生する場合があるので、「この一瞬だ!」と思ってシャッターボタンを押しても、その瞬間が撮れていなかったということが多いのですが、デジタル一眼レフカメラならその点も問題ありません。

 

 ちなみに最近流行のデジタル一眼レフカメラの「ライブビュー撮影機能」(背面の液晶モニターに映像を映し出して撮影する機能)では、コンデジと同じ原理でピントをあわせるため、ピント合わせが遅いのです。

 ただしソニーのαシリーズは、ライブビュー専用のAFセンサーを搭載しているため、ライブビュー撮影でも素早くピントあわせが可能となっています。また、パナソニックの「マイクロフォーサーズ」と呼ばれるカメラは、コンデジと同じ方式のAFセンサーを利用しているものの、専用のレンズを利用することで速度を速めています。

 

 

人気記事ランキング
   

サイトマップ
コンタクト

文章や画像等の無断利用・転載はご遠慮ください。
当サイトへのリンクは原則フリーです。どのページにリンクされても構いません。
Copyright © CoolandCool. All rights reserved.