初心者に分かりやすい
ホームページ作成
ブログ(レビュー カメラ 写真)
無料CGI(Perl/PHP)配布
写真

 

 

 

最初のステップアップはAモードがお勧め

 

 Pモードによる撮影に慣れてきたら、そろそろカメラ任せの撮影は卒業しましょう。

 Avモード(絞り優先モード)にして、絞りの量をコントロールしながら撮影してみましょう。絞りを変えることでボケの量をコントロールできるので、背景を大きくぼかした写真や、逆に隅々までピントがあった写真などを自分の意志に応じて撮ることができるようになりまう。

 絞りを開けば(F値を小さくすれば)、ピントがあう範囲が狭くなり、ぼけが大きくなります。絞りを絞れば(F値を大きくすれば)、ピントがあう範囲が広くなり、あまりぼけなくなります。ちなみに、この「ピントがあう範囲」のことを「被写界深度」といいます。

 

 

 ただし、絞りを絞るとそれだけカメラに光が入らなくなりますから、光を取り込むためにシャッター速度が遅くなります。そのため、感度(ISO)設定が自動になっている場合には、感度(ISO)が上がりノイズが増える(=画質が悪くなる)恐れがあります。感度(ISO)設定が自動ではない場合は、自分で感度(ISO)を高くして手ぶれや被写体ブレなどを防ぐようにしなければいけません。

 

 

人気記事ランキング
   

サイトマップ
コンタクト

文章や画像等の無断利用・転載はご遠慮ください。
当サイトへのリンクは原則フリーです。どのページにリンクされても構いません。
Copyright © CoolandCool. All rights reserved.