初心者に分かりやすい
ホームページ作成
ブログ(レビュー カメラ 写真)
無料CGI(Perl/PHP)配布
写真

 

 

 

慣れないうちは連写でカバー

 

 連写機能と聞くと、「最初のうちは使わない機能だ…」なんて感じてしまいますが、最初の頃こそ連写機能が役立つことがあるのです。

 

 液晶モニターの大きさは小さいため、わずかな手ぶれやピンボケは普通に表示したのでは気がつかないことがあります。拡大表示すれば判別できるのですが、一枚撮るごとに拡大して確認するのでは、せっかくの楽しい撮影が作業のように感じられてしまい、何のために撮っているのか分からなくなってしまいます。

 そこで、連写機能を使って何枚か撮影しておけば、その中から一番写りのよい写真を選ぶことができます。また、人物を撮影する際には、瞬きで目が閉じてしまっている失敗カットをカバーできます。

 

 

 さらに、連写による小気味良いシャッター音は自分の気持ちを乗せるのに一役買ってくれます。静かに撮らなければいけない場面では連写設定を解除しなければいけませんが、人物撮影などでは撮られる側の気持ちを乗せることすらできます。是非お試しあれ!

 ちなみに、連写しすぎてメモリーカードの残量が少なくなったら、撮影サイズを小さくしたり、画質を落として撮影することで乗り切りましょう。

 

 

人気記事ランキング
   

サイトマップ
コンタクト

文章や画像等の無断利用・転載はご遠慮ください。
当サイトへのリンクは原則フリーです。どのページにリンクされても構いません。
Copyright © CoolandCool. All rights reserved.