初心者に分かりやすい
ホームページ作成
ブログ(レビュー カメラ 写真)
無料CGI(Perl/PHP)配布
写真

 

 

 

寄りと引き

 

 イベント撮影の極意は寄りと引きです。ズームを使って被写体にぐぐっと迫る撮影をしたら、今度はワイド側に引いて会場全体が写るように撮影しましょう。こうすることでバランスの良いカットを用意することができます。

 

 

 会場の明るさやイベントの内容にもよりますが、身振り手振りを交えて動く被写体の動きを止めて撮りたいときはシャッター速度を1/100〜1/200秒程度にすると良いです。そこまでのシャッター速度が稼げない場合は、被写体の動きが穏やかになる瞬間を狙うか、逆に腕などがブレるようにシャッター速度を少し遅めにして撮影し、動きを表現した写真で現場の雰囲気を出すと良いです。

 

 

人気記事ランキング
   

サイトマップ
コンタクト

文章や画像等の無断利用・転載はご遠慮ください。
当サイトへのリンクは原則フリーです。どのページにリンクされても構いません。
Copyright © CoolandCool. All rights reserved.