初心者に分かりやすい
ホームページ作成
ブログ(レビュー カメラ 写真)
無料CGI(Perl/PHP)配布
写真

 

 

 

最初はPモード

 

 最初はPモードで撮ってみましょう。プログラムモード、プログラムAEモード、プログラムオートモード、などメーカーによって呼称は様々ですが、カメラが絞りの量とシャッター速度をカメラが自動で決めてくれるモードなので、ピント合わせと構図(フレーミング)だけに専念できます。

 

 

 この時写真は、カメラが丁度良いと判断した明るさ(標準露出と言います)で撮影されます。ですが、それが必ずしもあなたの好みの明るさ(適正露出と言います)と一致するとは限りません。そこで、撮影した写真を液晶画面でチェックし、「もっと明るく/暗く撮りたい」と感じた場合は、露出補正機能を利用して明るさを調整して再度撮影を行います。

 慣れてくると、カメラの癖がつかめてくるので、試し撮りをせずに最初から露出補正して、自分の好みの明るさで撮影できるようになるでしょう。

 

 

人気記事ランキング
   

サイトマップ
コンタクト

文章や画像等の無断利用・転載はご遠慮ください。
当サイトへのリンクは原則フリーです。どのページにリンクされても構いません。
Copyright © CoolandCool. All rights reserved.