初心者に分かりやすい
ホームページ作成
ブログ(レビュー カメラ 写真)
無料CGI(Perl/PHP)配布
写真

 

 

 

まずは中央一点

 

 まずは、AFフレーム(ピントを合わせる場所)を中央の一点だけ使う設定しましょう。AFフレームはメーカーによって「フォーカスポイント」や「測距点」、「AFターゲット」など様々な呼称が使われています。(初心者が混乱するのでこういう用語は統一して欲しいデスネ…。

 カメラが判断して自動的にAFフレームを選択する「自動選択」設定(メーカーによっては「オートエリアAFモード」や「オールターゲット」など)を使ってしまうと、予期せぬ場所にピントが合ってしまうことがあるため、慣れないうちは「動かない被写体の撮影は中央一点」、「動く被写体の撮影は自動選択」という使い方をお勧めします。

 

 AFフレームを中央一点に選択している場合の撮影方法は以下の通りです。

 

1) 被写体のピントを合わせたい部分が中央になるようにレンズを向ける

 

2) シャッターボタンを半押しにする(ピントが合う)

 

3) シャッターボタンを半押しにしたまま(ピントが固定されたままになる)、レンズの向きを変えて構図を決める


4) シャッターボタンを押し込んで撮影する

 

 慣れてきたら、AFポイント「任意選択」(シングルポイントAFモード) や、親指AFなどにもチャレンジしてみましょう!(親指AFについてはまた別の機会に解説します。)

 

 

人気記事ランキング
   

サイトマップ
コンタクト

文章や画像等の無断利用・転載はご遠慮ください。
当サイトへのリンクは原則フリーです。どのページにリンクされても構いません。
Copyright © CoolandCool. All rights reserved.