初心者に分かりやすい
ホームページ作成
ブログ(レビュー カメラ 写真)
無料CGI(Perl/PHP)配布
写真

 

 

 

被写体に対して情熱を持とう

 

 人物にせよ、物にせよ、風景にせよ、撮影は被写体に対する情熱だと思う。被写体に対する熱い想いがないと良い写真は撮れない。逆に、情熱があれば、自ずと被写体をキレイに撮ろうと頑張るようになる。

 これを「愛」と言い換えてもイイが、モデルさんを撮影する際に勘違いされてしまうと問題なので(笑)、やはり情熱という言葉が良いと思う。

 

 

 ある程度の腕があれば別だけれど、やはり自分が興味のない対象は撮っていても楽しくないし、良い写真はなかなか撮れない。そこで、予め撮影する対象が分かっているなら、事前にインターネットなどを駆使して予備知識を頭に詰め込んでおこう。知識が増えれば興味も沸き、それが情熱へとつながる。

 だが当日、その知識を自慢げに披露してしまうとウザイ奴としか見られないので、それはグッと我慢だ(笑。

 

 

人気記事ランキング
   

サイトマップ
コンタクト

文章や画像等の無断利用・転載はご遠慮ください。
当サイトへのリンクは原則フリーです。どのページにリンクされても構いません。
Copyright © CoolandCool. All rights reserved.