初心者に分かりやすい
ホームページ作成
ブログ(レビュー カメラ 写真)
無料CGI(Perl/PHP)配布
写真

 

 

 


 

使い方のヒント

 検索メニューを始めから自分で用意するのは大変なので、system.cgiにアクセスした時に表示される検索メニューを流用すると便利です。system.cgiにアクセスしてページを表示させます。次に、ブラウザの[ファイル]メニューから[名前を付けて保存する]を選び、そのページを保存します。そして、保存したページをメモ帳やホームページエディタで開いて、不要な部分を削除したり、または、必要な部分を別のページにコピー&ペーストして使います。

 その際、固定させたい値については<input type="hidden" name="ラベル値" value="値">のHTMLタグを使って値を固定させます。例えば、検索フォームのうち、type2の値を2に固定させたい場合は、その入力部分を削除した上で、<input type="hidden" name="type2" value="2">と書き足します。

 

摘出方法のヒント

各データー個別の詳細表示へのリンク

 記事表示部分に

<a href="■url■&tpl=【テンプレートファイル名】">詳細表示</a>

を書き込みます。クリックするとその記事だけを【テンプレートファイル名】で指定したテンプレートファイルで表示します。「詳細表示」部分は任意に変更してください。

 

全件一覧表示へのリンク

 ヘッダ・記事部分・フッダどこでもいいので、

 <a href="profile.cgi?type=all&tpl=【テンプレートファイル名】">全件一覧</a>

を書き込みます。クリックするとデーターベースに登録している全データーを【テンプレートファイル名】で指定したテンプレートファイルで表示します。「全件一覧」部分は任意に変更してください。TKzone画像データベースさんの「■サムネイル一覧■」が参考になると思います。

 

カテゴリーに限定した一覧表示へのリンク

 <a href="profile.cgi?key=【カテゴリー名】&label=【カテゴリーとして利用している項目の番号】&tpl=【テンプレートファイル名】">このカテゴリーの一覧</a>

 を書き込みます。クリックすると指定された【項目の番号】に【カテゴリー名】が含まれているデーターのみを【テンプレートファイル名】で指定したテンプレートファイルで表示します。「このカテゴリーの一覧」部分は任意に変更してください。

 

プルダウンメニューでカテゴリーを指定し、そのカテゴリー内で検索

 http://www.amazon.co.jp の画面左上「サーチ」と同じような検索をするには、

--------------------
< input type="hidden" name="label" value="【カテゴリーとして
利用している項目の番号】
">
< !-- 最初にプルダウンメニューの項目を指定します -->

<select name="key">
< option value="椅子">椅子</option>
< option value="テーブル">テーブル</option>
< /select>
< !-- 項目値を選択させます -->

<!-- 次の入力フォームでは全項目を対象にするためlabel3値の指定を省略します -->

<input type="text" name="key3">
< !-- key3値を入力させます -->

<input type="hidden" name="type3" value="or">
< !-- or 検索を指定します。もちろん and でも良いですし、プルダウンメニューを使って選択させることも可能です。-->
--------------------

後半部分の検索条件で項目を限定したい場合は、
< input type="hidden" name="label3" value="【検索対象にしたい項目の番号】">
等、hiddenで指定してやって下さい。

 

付属のデザインテンプレートファイルの使い方

 予めデザインテンプレートファイルが三種類付属しています。all.html は33個の項目を全て表示する単純なデザインです。入力した全項目のチェックに使えます。

 small.html はその逆に、必要最小限の情報だけを表示するコンパクトなデザインになっており、環境によっては一行に3列程させることが出来るので、登録データーを一覧表示させるのに適しています。

 view.html は一般的な利用を想定したデザインになっています。項目22が画像項目として利用されるのを想定しているので、表示エリアが広く取ってあります。

 最初からデザインテンプレートファイルを作るのは大変だと思うので、まずはこの三つを皆さんのニーズに合わせて手を加え、利用してみてください。

 

付属のサンプル表紙ファイル

 いくつか、利用環境を想定した扉ページを用意してあります。index.html ファイルは、同じ趣味を持った人の公募を想定したページです。「どんなメンバーを募集しているのか」を明確にし、登録と全件表示と検索の三つのインターフェースを用意しています。

 index2.html ファイルは、コレクションの公開と募集を想定したページです。特徴的なのは、「評価」項目と「管理者からのコメント」項目を予め用意しておき、第三者が登録してきたデーターに対して、管理者が評価点数とコメントを付けるようにしている点です。ちょっとしたインタラクティブなやりとりがなされます。また、検索フォームでは評価点を検索するフォームと、新着データーを検索するフォームを用意してみました。

 これらのサンプルファイルを参考に、皆さんも色々なアイデアでこのCGIを活用してみてください。

 

[ 戻る ]

 

 

人気記事ランキング
   

サイトマップ
コンタクト

文章や画像等の無断利用・転載はご遠慮ください。
当サイトへのリンクは原則フリーです。どのページにリンクされても構いません。
Copyright © CoolandCool. All rights reserved.