初心者に分かりやすい
ホームページ作成
ブログ(レビュー カメラ 写真)
無料CGI(Perl/PHP)配布
写真

 

 

 


 

メール送信機能

 摘出したデーターに対してメールを一括で送信することが出来ます(ただしサーバーがsendmailに対応している必要があります)。

 管理画面のメール送信メニューで、「送信先」に「摘出データーに限定」を選び、摘出キーワードと摘出対象項目を指定すれば、その条件に一致したデーターだけを摘出します。例えば、摘出キーワードに「女性」と入力し、摘出対象項目で「性別」を指定すれば、性別の項目が女性のデーターを摘出します。

 登録されている全てのデーターベースに対してメールを送信したい場合は「送信先」で「全件」を選択します。

 ただし、このままではCGIはどの項目がメールアドレスの項目か判断できないため、メールアドレス項目を指定する必要があります。「メールアドレス項目」からメールアドレスの項目を選択します(メールアドレスの項目を設定していないデーターベースに対しては、このメール送信機能は使えません)。

 

 以上の設定が終わったら「表示」ボタンを押します。すると、メール送信ウインドウに移ります。

 「送信者一覧」では、摘出されたデーターの1番目の項目と、メールアドレスとして指定された項目の内容が表示されるので、確認してください。メールアドレスに指定された項目に何もデーターが入力されていない場合は「メール登録無し」の表示がでて、そのデーターに対してはメールが送信できないようになっています。

 各項目の先頭のチェックを外すとそのデーターに対してはメールを送信しなくなるので、送信不要のデーターがある場合はこのチェックを外してください。またメールアドレスの内容が不当な項目も、あわせてチェックを外してください(以下で解説する「追加送信先」でその人の正しいメールアドレスを追加してメールを送信することが可能です)。

 

 「送信メール」の欄では追加送信先(CC)の指定、タイトルと本文の入力、そして、送信者メールアドレスの指定がなされます。

 摘出したデーター以外にも更にメールを送信したい人がいる場合は追加送信先(CC)を利用します。複数追加する場合、サーバーにもよりますが、大抵は「半角スペースと半角の;」を区切りにすれば大丈夫のようです(例 a@hotmail.com ; b@hotmail.com ; c@hotmail.com)。

 送信者メールアドレスの欄にはあなたの正しいメールアドレスを入力してください。この欄の入力が不当の場合、最悪メールサーバーをダウンさせる恐れもあるので注意してください。

 全て入力し終わったら送信ボタンを押してください。メールの差出人には、送信者のメールアドレスが指定され、確認のため送信者にメールが送信されます。そして、摘出された各データーに対してはBCCで送信されます(そのため、送信者のメールアドレスと追加送信先で追加されたメールアドレス以外のメールアドレスが、メールに表示されることはありません)。

 

[ 戻る ]

 

 

人気記事ランキング
   

サイトマップ
コンタクト

文章や画像等の無断利用・転載はご遠慮ください。
当サイトへのリンクは原則フリーです。どのページにリンクされても構いません。
Copyright © CoolandCool. All rights reserved.