初心者に分かりやすい
ホームページ作成
ブログ(レビュー カメラ 写真)
無料CGI(Perl/PHP)配布
写真

 

 

 


 

Database Factory 初めの一歩

 Database Factory は 非常に柔軟に作ってあるため、様々なことに活用できます。しかしその反面、決まった使い方があるわけではないので、「どうやって使えばいいのか分からない」といった疑問にぶつかるかもしれません。

 まず初めに、DatabaseFactory で扱いたいデーターや情報が身の回りにないか考えてみましょう。あなたが知っている豆知識、ゲームや作業の小技やテクニック、デジタルカメラで撮影した画像や動画、サークルのメンバー情報、チームの試合結果、商品の在庫情報、等々です。DatabaseFactoryを活用する意義は、データーや情報を簡単にインターネットで様々な摘出条件で表示・公開できる 点と、それらのデーターをインターネットを通じて誰もが登録できる(もちろん、管理人だけが登録できるようにも設定できます)点の2点にあります。

 

 そういった情報やデーターを見つけたら、次はどんな項目を設定するかを考えましょう。項目は摘出表示の際の基準になるので非常に大切です。そのため、ある程度多角的な項目をいくつか用意しておくと後々便利です。また、項目入力の際は上から詰めて入力するのではなく、いくつか開けながら(項目を飛ばしながら)入力しておくと、あとから既存の項目の間に項目を追加したくなった場合に、便利です。

 項目を一通り考えたらDatabaseFactoryの管理メニューから項目設定を選んで項目を入力していきます。項目にはドロップダウンメニューや画像アップロードの設定も出来ます。また、管理人以外が入力する場合を想定し、入力の最大文字数や、入力必須項目の設定、編集禁止の設定もできます。

 

 項目の入力が終わったら、次はデーターの入力作業になります。データー数が多い場合は、別途EXCEL等のソフトを使ってデーターを入力し、それをDatabaseFactoryに利用すると便利です。

 データーの入力が終了したら、今度はDatabaseFactoryを使ってどうやってデーターを表示するかを考えます。ある一定の項目に特定の数字を含むデーターを表示させたり、一定の範囲内の数値を持つデーターを表示させたりと、その方法は多彩です。データーの種類や活用方法に応じて様々なデーターの摘出方法を考えて下さい。ここでどのような摘出方法を考えるかによって、活用度や利便性に大きく影響してきます。どんな目的で使われるか、どんな人が使うか等々色々考え、Ver2.0で追加された機能や、使い方のヒントも参考にし、様々な摘出方法を考案して下さい。

 

 最後に、ページのデザインを考えます。ページデザインも一種類ではなく、目的に応じて、詳細表示用に全項目を表示させるもの、一覧表時用に登録した画像と名前だけを表示するもの、アイモード表示用に画像を極力省いたもの、等々、複数用意して最大限に機能を活用するようにすると良いでしょう。

 

 これで一通りの作業は終了ですが、DatabaseFactoryはそれだけでは終わりません。管理用のパスワードを使って管理者がデーターを編集したり、登録者が登録時に入力したパスワードを使ってデーターを常にアップデートすることも出来ますし、メール送信機能を使えば登録者全員に一括してメールを送ることも出来ます。

 

[ 戻る ]

 

 

人気記事ランキング
   

サイトマップ
コンタクト

文章や画像等の無断利用・転載はご遠慮ください。
当サイトへのリンクは原則フリーです。どのページにリンクされても構いません。
Copyright © CoolandCool. All rights reserved.