初心者に分かりやすい
ホームページ作成
ブログ(レビュー カメラ 写真)
無料CGI(Perl/PHP)配布
写真

 

 

 

[ 戻る ]

Lightroomで写真の構図を調整する
〜傾き修正と切り抜き(トリミング)

 

* この文章はAdobe Lightroom βバージョンを使い執筆されています。一部製品版とは異なるインターフェース等ありますがご容赦下さい。

  Lightroomでの大まかな作業は、撮影した写真を取り込み、写りの良い画像を選び、明るさ等を調整して、画像ファイルとして出力(現像)するという流れになります。今回解説するのは、チョイスした写りの良い写真を補正する方法です。予め、Lightroomをダウンロードし、インストールしてから画像を選択しておいて下さい。



補正を行いたい画像をクリックして、選択状態にしてから、右上の「現像」の文字をクリックします。

1) 「現像モード」に切り替わります。ここで画像の補正を行います。

 

2) まずは画像の傾きを補正しましょう。画面の下にあるアイコンをクリックします。

 

3) 角度補正、及びトリミング(切り抜き)モードになります。

 画像の外側をマウスでドラッグ(マウスの左ボタンを押したままマウスを移動)させることで、自由に画像の傾きを変更することができます。この際、基準線が表示されるのでそれを目安に作業すると便利です。また、角度に応じて自動的にトリミングも行われます

 左上のパネルには、補正後の画像が表示されます。

 

4) また、枠の四隅をマウスでドラッグすることで、切り抜き(トリミング)サイズを変更し、構図を調整することができます。ただし、元画像よりも大きくすることはできません。

 この際、三分割の基準線が表示されるので、構図決めに便利です。

 

5) 枠の内側部分をマウスでドラッグすることで、切り抜き(トリミング)する場所を変え、、構図を調整することもできます。 この際も、三分割の基準線が表示されるので、構図決めに便利です。

 これらの作業を繰り返して、画像の構図を調整します。これらの作業で加えた変更は、現段階ではLightroom上だけであり、実際の画像に変化を加えるものではありません(これらの変更は「書き出し」を行わない限り、実際の画像に反映されません)。そのため、この作業段階において、作業を何度やり直しても画像の劣化は起こりません(一度書き出した画像に対して作業を行うと、劣化が生じます)。初期状態に戻したい場合は、右下の「初期化」ボタンを数回クリックして下さい。

 

 

[ 戻る ]

 

 

人気記事ランキング
   

サイトマップ
コンタクト

文章や画像等の無断利用・転載はご遠慮ください。
当サイトへのリンクは原則フリーです。どのページにリンクされても構いません。
Copyright © CoolandCool. All rights reserved.