初心者に分かりやすい
ホームページ作成
ブログ(レビュー カメラ 写真)
無料CGI(Perl/PHP)配布
写真

 

 

 

[ 戻る ]

Lightroomで写りの良い写真を選ぶ

 

* この文章はAdobe Lightroom βバージョンを使い執筆されています。一部製品版とは異なるインターフェース等ありますがご容赦下さい。

  Lightroomでの大まかな作業フローは?撮影した写真を取り込み、?写りの良い画像を選び、?明るさ等を調整して、?画像ファイルとして出力(現像)するという流れになります。今回は?の、取り込んだ写真から写りの良い写真をチョイスしていく方法です。予め、Lightroomをダウンロードし、インストールしてから画像を取り込んでおいて下さい。

 

Lightroom「ライブラリ」モードの使い方

1) まず始めにLightroom「ライブラリ」モード時の、各パネルの機能分担を把握しましょう。

 「現像」モードに切り換えなくても、右側のパネルを使えば、ある程度の画像補正が可能になっています。

 

2) 各パネルは三角印をクリックすることで隠すことができるので、好みや作業内容に応じて不要なパネルを非表示にし、効率よく作業をすることができます。

 中央下にある「XS S M L XL」をクリックすると画像のサイズを変えることができます。

 

画像にレーティング(評価)を付ける

 「デジタルカメラ撮影方法講座 」で書いたとおり、ワンシーンで何枚か撮影するようにすると、いざ写真を使う際にどの写真を使うか選ばなくてはいけません。Lightroomを使えば、それぞれの写真に★マークを使って評価を付けることができます(最大で★5つ)。この機能を利用し、それぞれの写真に評価を付けていき、最終的に評価の高い写真だけを抜き出して、ブログに使うようにします。

 

1) チェックしたい画像をクリックして選択状態にします。続けて、画面下の方にある四角いアイコンをクリックします。四角いアイコンをクリックする代わりに「E」キーを押しても構いません。

 

2) 「ルーペ」表示モードとなり、画像が大きく表示されます。

 さらに大きく表示するため、画像をクリックするか、左パネルの一番上にある「1:1」をクリックします。

 

3) 画像が原寸サイズで表示されます(画像をクリックすることでも表示サイズを切り換えることができます)。この状態で、画像をマウスで掴む(マウスを画像に当てて、マウスの左ボタンを押したままにする)ことにより、画像を動かすことができます。

 ピントがあっているかどうか、明るさのバランスが取れているかなどを確認します。

 

4) 確認が終わったら、中央下にある薄いグレーの★アイコンをクリックして、画像に評価を付けます。今回は左から3つめの★をクリックして★★★の評価に設定しました。★5つが最高評価です。数字の0〜5までのキーを押すことでも、★マークを設定することが可能です。

 

5) 「→」アイコンをクリックすると次の画像に移動します。下のパネルから任意の画像をクリックすることでも画像を切り換えることができます。

 

 この作業を繰り返し、全ての画像に評価を付けていきます。碁盤状のアイコンをクリックするか、「G」キーを押すことで、いつでも一覧表示に戻ることができます。

 

 

画像を見比べる

 複数枚の画像を並べて見比べてチェックすることもできます。似たような画像が多い場合に比較しながら相対的に評価できるのでとても便利です。

1) 見比べたい画像をCtrlキーを押しながらクリックし、選択状態にします。そのまま、中央下の方にある「X|Y」と書かれたアイコンをクリックします。

 

2) 比較表示モードになり、選択した画像が並べられ、見比べることができます。

 

3) 画像左下にある点をクリックすることで評価を付けることができます。また、不要になった画像は右下の「×」をクリックすることで、表示から外すことができます。

 

写りの良い写真だけを抜き出す

1) 画面左側の「フィルタ」項目の右側にある■をクリックし、「オン」にします。ここをONにすると、その下にある設定に従って画像を抜き出すようになります。

 「レーティング」の横をクリックして「★★★★」(★四つ)の状態にし、その横にある文字を「以上」にしてみましょう。

 

2) こうすることで、★マークが四つ以上付けられた画像だけを抜き出すことができます。

 これで、あなたが「この画像が写りがよい!」と判断した画像だけが抜き出されました

 

その他の便利機能

 一覧表示(Gキー)時でも、画像の下にある小さな点をクリックすることで、評価を付けることができます。また、左右の回転している矢印をクリックすることで、画像を回転させることができます。さらに左上の白い○をクリックすることで、クイックコレクションに入れて、別枠扱いすることができます。

 

 右クリックから「非表示」を選ぶか、画像を選択状態にしてから「H」キーを押すことで、その画像を一時的に非表示にすることができます。絶対使わない画像などは、この方法で非表示にすると良いでしょう。また、右クリックから「削除してごみ箱に移動」を選ぶか、「Ctrl」キーを押しながら「Backspace」キーを押すことにより、その画像を削除することもできます。

 

「表示」メニューから「表示オプション」を選ぶことにより、表示スタイルをカスタマイズすることができます。

 

撮影時のExif情報を表示させたりすることができるので色々と試してみてください。

 

 

[ 戻る ]

 

 

人気記事ランキング
   

サイトマップ
コンタクト

文章や画像等の無断利用・転載はご遠慮ください。
当サイトへのリンクは原則フリーです。どのページにリンクされても構いません。
Copyright © CoolandCool. All rights reserved.